肌のケアというのは年齢によってやり方が変わってきます。しっかりと年齢に合ったケアの方法をとって少しでも若く、綺麗に保ちたいですよね。どうぞ当サイトを参考にして若返りに挑戦してみてください。

肌のお手入れ.com

イチゴに含まれる肌への美白成分

果物のイチゴには、下痢や便秘などを防いだり、改善してくれる整腸作用があると言われています。
水溶性の食物繊維、ペクチンが豊富に含まれているからです。
ペクチンには、腸内でのコレステロール吸収を抑制する効果があり、血糖値の上昇を抑えることができます。
また、腸内環境が整うと、肌の調子も良くなります。
イチゴには、レモンよりもビタミンCが豊富に含まれています。
レモンを遥かに超える含有量で、果物の中では一番です。
ビタミンCは美白成分でもあり、肌や皮膚を若々しく保つ美肌効果があります。
コラーゲンの生成を促進し、細胞の傷を回復させたり、メラニンの生成を抑える効果があり、シミや肝斑などを予防することができます。
ビタミンCが新陳代謝を高めてくれることで、しわなども出来にくくなり、たるみ予防にも繋がります。
美白成分のエラグ酸を豊富に含んでいるのもイチゴです。
エラグ酸は、メラニン色素を生成する酵素のチロシナーゼの働きを抑制する為、チロシナーゼの活性化を抑え、メラニンの生成を防ぎます。
ポリフェノールの一種でもあるエラグ酸は、抗酸化作用に優れ、ガンの発生まで防ぐ効果があると言われています。
日焼けなどで肌に紫外線などの負担がかかった場合でも、摂取することで身体の中からサポートしてくれます。
イチゴだけではなく、ベリー類やザクロなどにも含まれている天然の美白成分なので、副作用などの心配はありません。
効率よく摂取する場合は夜ではなく朝に摂取すると良いでしょう。
寝る前に食べてしまうと、成長ホルモンの分泌が減り、肌の修正がうまくできません。
また、果物は鮮度が大切です。
なるべく切りたてのものや、買ったばかりのものなど鮮度が高いうちに摂取すると美白効果も高まります。